夜に飛ぶヤカンの絵
by nodeq
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
絵を描きます

2012年からブログを始めました。
気持ちがのんびりするような
おまもりのようなほっとする
イラストを目指して描いてます。


友人と
「Poor Pear's Peel」という集団で
レンタルボックスで小物を売ったり
グループ展をしたりしています。

エキサイトサークルも
やっていて、いつでもメンバーを
募集中です。
『幻日画廊 美術室』

[ 主な活動 ]

Creema

ART-Meter



ILLUST BOX  ←NEW



コメントいただけるととても
励みになります。


リンクフリーですが、コメントなどでお知らせいただけたらこちらもお気に入りに入れさせていただきます。

エキサイトでメールアドレスを
作りました。ブログ内容に関しての
お問い合わせはこちらに
お願いいたします。
Eric-aceae@excite.co.jp


画像一覧
記事ランキング
フォロー中のブログ
sudigital af...
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
そよ風になって~ 
やっとかめ どっとこむ
一日一膳
がんばる猫
イスラムアート紀行
はなももの別館
Wind Tribe S...
ゴマグリモナカ日記
camera obscura
エトブン社 絵草紙 <<...
☆メルのわんぱく日記☆
mystically p...
幻に魅せられて…
かっぱ堂かめら
pinoのビバ日常
larywa
イタリア・絵に描ける珠玉...
Too-ticki日誌
Mof's Vision...
blue blue
from Melissa N.
Square Tokyo
VINO! VINO! ...
φ - fai -
ちりめん戯縫
通りすぎた風景
ワットモーイ  オランダ...
気ままにお散歩
Art な日々 おたより帳
Good day ~...
今日から明日へ・・・
psyuxe*旅とアトリ...
私の日記~あんのいち日~
「定本青猫」 檜山美穂版
Genki Days
アムゼルくんの世界 Di...
Hasuta manan...
プチ世界的クリエイター ...
ひなもよふ
handvaerker ...
かほすみ生活
cool witch
sweet pepper...
ego.
schole
風の家便り
Ennui*
猫とカメラと美味しいもの...
Re-Birth
* 雫 * 
わくわく挿絵帖
inner-child
風のように La.La....
polepoleな日々
Pretty World
b - r o a d
photo life o...
licot
bouillon
WILD AT HEART
庭 野 花 *niwan...
LaLaLa La Me...
ツルカメ DAYS
四季の色♪~こころに写し...
chou-chou d...
la la la kit...
blue days we...
ももこの日記
風の音
カザルパロッコのネコ(C...
Plaisir de R...
Skywatchers
月...
西瓜糖の日々
ちまちま窯
もの言う猫
コビトさん通信
ティースプーン1杯のはっぴぃ
 空からの贈り物 ・・・。
my story***
札幌・旭川・白磁に簡単絵...
花鳥撮三昧
Sauntering 
一場の写真 / 足立区リ...
デコデコスイーツ ねんど...
35mm+
Chaco's Viol...
tedukuri ii...
いろいろ*絵描き帖
チンク写真館
気ままな日々綴り
happy west D...
安世マキ illust...
団塊鉄ちゃん気紛れ撮影記
破天荒な熟女画家 卯京華...
写真家 久野俊哉の「やす...
やねのうえのわんこ
北の野鳥たち
想い出Camera
* ぬいさしざっか* B...
Yumiko's poe...
墨のかほり
Martin Islan...
のんびり日記
kiku2012
続・クレバーと3匹のこぶ...
こゆきのphoto diary
裸足で~pieds nus
SnowDrop☆gra...
チェルママの、のんびり手帳
CANTY's Blog
Miu Porcelai...
なびかせろ!たてがみ
mi piacciono...
あっぷ、アップ、UP
時計草の庭通信
空気ノキヲク。
アリスのトリップ
Blanc de Blancs
アトリエ ギンノカクレガ
フィレンツェ目安箱
撮っCiao!
おしゃべりうさぎ
アトリエ「紙空草」
ひげ将軍のちょいと一杯
haku&hana*
晴れのち晴れ
fu-noな生活
✿happiness✿
SAKOmama 布絵本工房
Winter PHOTO
水の色時間
すまいるらいふCAFE ...
猫ぼっこ工房
イラストレーターほそいよ...
想い出cameraパートⅢ
以前の記事
2017年 01月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
その他のジャンル
ファン
カテゴリ
全体
look
animal
flower
landscape
still life
portrait
word
yorunonezame
news
P
tale
oracle
ambient chair
nodeq's gallery
material
タグ
(52)
(37)
(37)
(36)
(35)
(35)
(29)
(22)
(21)
(19)
(18)
(18)
(18)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(12)
(4)
ブログジャンル
外部リンク
素数展の出会い―月の詩人とは―
Poor Pear's Peel によるグループ展のお知らせです。

a0254359_1203914.jpg


素数展
    『月の詩人とツェノンの涙』

9月29日~10月11日
12時~20時(最終日17時まで)

高円寺 レンタルボックス Too-ticki

                                    
a0254359_1184057.jpg



「Sが語った話は、まるで唐突な、まるで『どんぐりと山猫』的な印象だった。
あるところで“月の詩人”と名乗るヘンな老人と出会った。促されるままに招待状を(彼は招聘状だというが、もらった方はさぞ驚いたろう。半ば強引な、意味不明の招待状。
『教養のないアイデアも、アイデアのない教養もダメだ』、彼の口癖にボクも賛同するが、時に彼の突飛な行動は、ボクに軽いvertigeを起こさせる)
それに集まった粋人たちが、もはや酔客の方が適当だろう、第Ⅳセナークルを形成する。
そしてそれがコンタクトを試みる。つまり旅の舟に乗るのだ。
BCの深い頃、師の影を追って同期を試みた13人の弟子たちが忽然と姿を消した。
“ネキュイアの眠り”と云われる伝説だ。この舟は現在-いま-に漂うという。
そして同じく師の光を探した13人の弟子たち、仲間の家の二階で(ここがセナークルと呼ばれた)敬虔な祈りを捧げた。
そして時代は動乱の19世紀、ただ愛の深い、物語が好きで蝶を追うことの好きだった男の下に芸術家たちが集まった。男は政治が下手だったために孤独の中で目を閉じた。
男は一冊の本になりたかった。
彼の温かな炉辺語りに再び子供の様に膝を囲みたいと、無垢な動機を取り戻した13人の門人たちは、閾-しきみ-を越える手段を探した。
図書館の夜――。男が館長を務めた図書館の奥深くで、彼らは一羽の大鴉と出会う。
歴史の水先に必ず現れる数を食べるカラスである。名をレーブンという。またはリリスと。
そして本が、つまり図書館が“時”を越えるワームホールであると知る。
ガタガタと書架が震えた。軽い眩暈がタイトルの載る背中を小口に変えていた。
そして――

Sが云った。『いいところまで行ったんだが彼らは間違えた、なぜだか分かるかい?』

アルスナル → アレクサンドリアのセムイオン → エフェソスのセルシウス
月の女神アルテミスの守る遺跡の図書館を出て、彼らはクレテス通り、バシリカを見ながら、
大劇場、ハーバーストリート、マーケットアゴラへと向かう。
大プリニウスの認めた127本あるという石柱の、中から任意に“ある本数”選び出し、

『動機が分からなくなったら素数に倣って解体してみること』
Sはニヤッと笑って、その種明かしをしてくれた。
(story 藤井 馥)



a0254359_1224742.jpg


その後姿は
なにか荘厳な
印象である
祈るように
眠るように
月を眺める


a0254359_123138.jpg


問題は
梯子が届けばよかったのに
まだ素数が足りない
まだ
物語が足りない

a0254359_123262.jpg

10
湖面に浮かぶ月と
それを見下ろす月
どちらも真実である
このおはなしも







ますます謎が深まる物語の続きを載せました。
物語はボスが書いているのですが、ちょっと自分たちも消化できているかと^^;
前回の記事の詩人のSさんとは、とても有名なあの、『青猫』を書いた方のことです……
そして、その『青猫』も今回の展示に深く関わりがあります。そんなところもまた
今度の記事でお話しできたらと思います。

私の絵も半分、掲載できました。これからのお話と合わせて見ていただきたいと思います。
いつも見に来てくださり、ありがとうございます!
トゥーティッキさんでもようやくお知らせをしていただき、ひっそりこっそりとで
なくなり心もすっきりしております。

高円寺までお越しの際は、是非お立ち寄り下さい^^
(会場の関係で、メンバーがいることはできません。でも嬉しいです。)
よろしくお願いいたします!







無料でイラストダウンロードできるサイトに登録しております。
イラストAC
イラストBOX



***

a0254359_021299.jpg


幻日画廊 美術室 メンバー募集中!


        *  ←ヒミツノエホンはコチラ


にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ
    にほんブログ村





こちらで絵を販売しています→ ART-Meter(ハリネズミの絵もあります!)
こちらでトイリングとちいさい絵を販売しています→ Creema 

[PR]
by Eric-aceae | 2015-10-04 01:32 | news
<< 素数展のお休みの日 月にまつわ... 素数展は続くよどこまでも 物語りも >>